Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

経済成長の意味とは 経済の指標GDPと付加価値、経済成長の要因について


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

推計データであるGDP

また注意したいのは、GDPは細かな取引の全てを足して計算されている訳ではなく、

あくまで国が集計した資料を元に、「推計した数値」ですので、

1円単位までピッタリ一致している、というものではなく、

規模感を表しているもの、と捉えるべきと言えますし、

GDPというのは、経済の状態を把握するための推計データの一つと言えます。

経済成長の要因について


(出典「photoAC」)

経済成長の要因としては、

①労働力(人口増加)、②(機械・工場などの)資本の増加、③技術の進歩があります。

労働力(人口増加)

①の労働力=人口増加は、

同じ物を作っていたとしても、人口が増えれば、

それだけモノを買ったりサービスを受ける人(消費者)が増えますので、

仕事で生み出せる付加価値の金額が増えることになりますので、経済=産業が成長したと言えます。

ただピケティさんは「21世紀の資本」でこう書いています。

”経済成長には常に、純粋に人工的な部分と、純粋的に経済的な部分があり、生活水準の向上に寄与するのは後者だけなのだ。”

(引用:「21世紀の資本」P77より)

生活水準が向上するというのは、

これまでは、生活必需品を買うことで精一杯だったのが、

便利な生活ができるためのモノを買うことができたり、

楽しむためのモノを買ったりレジャーを楽しむことができるなど、

これまでとは違う生活ができるようになることを意味していると私は解釈していますが、

人口が増加しただけでは、そうしたことが可能になるわけではありませんので、

人口の増加だけでは、生活水準が向上するわけではないことになります。

資本の増加と技術の進歩

前ページの②資本の増加と③技術の進歩についてですが、

ピケティさんは「21世紀の資本」の中で、こう書いています。

”産出の成長を二つの部分に分解するのが重要だ。人口増加と1人当たり産出の成長とに分けるのだ。”

(引用:同じく「21世紀の資本」P77より)

私はピケティさんの言う「1人当たり産出の成長」を「生産性の向上」だと考えていて、

②と③がそれに該当し、また②と③はそれぞれ連携しているものだと考えています。

③の技術が進歩すれば、②の新たな機械や工場を作ることができますし、

新しい機械を導入することで、同じ労働時間でも、モノが多く作ることが可能になります。

また②の資本は、海外からの資本(お金)が投入されることでも、

その国には、新たな機械や工場が導入されることになると思います。

そのようにしてモノが作りやすくなれば、モノの値段が下がりますので、

同じ収入が確保できる状態であれば、他の楽しみにお金を使うことができるようになります。

また消費者が使う新製品が作られて、

便利な生活や楽しい生活が「手軽に」手に入るようになることも、

個人の生活水準が上がったと言えますし、それだけ新たな付加価値を生み出したことにもなります。

ですので生活水準が向上するような経済成長は、

「生産性の向上」という要因が関係してくることになります。

スポンサードリンク

終わりに


(出典「photoAC」)

「経済成長は産業成長」

そう考えるとイメージしやすいと思います。

経済の発展を考えると、まずは食料品や生活必需品を作ること、手に入れることから始まりますが、

技術が進歩することで、便利なモノが作られてそれが家庭に広がっていき、

モノが売れるので企業も収益をあげ、労働者の給料も上がり、

多くの人たちに金銭的、時間的な余裕が生まれたことで、趣味や娯楽が多様化してきたのだと思います。

最近では、インターネットやスマホによって、生活水準が向上されてきました。

こうした影響を及ぼすのが、経済が成長する要素のうちの、「生産性の向上」になります。

また現在の日本では、経済が低成長時代に入っています。

みんなが貧しかった戦後から、便利なモノに囲まれる生活になるまでは、

便利なモノが多く売れていき、高い成長率を実現しましたが、

多くの人たちに便利なモノが行き渡ってしまうと、経済の規模は維持できていても、

そこからの経済の成長は、低成長になるのだと思います。

そんな経済が成熟した時代に入った現在、

多くの人たちが仕事をする上での生産性を上げることで、

余暇(よか)を作り、その余暇を楽しむことで、消費を促すことも必要なのかもしれません。

ワークライフバランスと言われているのも、そうした時代の背景があるように思います。

また人間の経済活動は、元をたどれば自然のものに行きつきます。

水や土地も本来はタダですし、魚や動物もお金を要求することはありません。

また鉄や金などの金属も、タダで手に入ります。

それを人が手を加えることで、価値あるモノに作りかえるので、

それをお金というモノサシで評価しています。

また私たちが食べているものは他の命ですし、

(生きるためには仕方ないことですので、必要以上に罪悪感を感じる必要はないと思いますが。)

私たちの経済活動の元には、常に自然が与えてくれた資源があります。

ですので経済活動をすれば、どうしても天然資源を使うことになりますし、

経済が成長する、ということは、

これまでよりも使う天然資源を増やすことにはなると思います。

ただ問題なのは、天然資源は無限に存在するわけではないという点です。

天然資源には限りがあり、いつか枯渇(こかつ)する時が訪れます。

経済の成長に、資源を使う必要があるなら、

天然資源には限りがありますので、いつの日か経済の成長はストップして、

マイナスの成長をする時が訪れるはずです。

最近の日本でも、経済は低成長時代に入り、格差が大きくなっていますが、

経済成長がマイナス局面に入った時には、どうなるのでしょうか。

少なくとも右肩上がりの経済成長が続いていくことが当然だ、という幻想は

捨てる必要があるようには思います。

ただだからといって、経済成長を考えなくて良いわけではなく、

さらに上を目指す気持ちがなければ、個人も組織も社会も衰退していくとは思いますし、

他の国との競争がある中で、さらに上を目指す気持ちは、捨ててはならないことだとは思います。

スポンサードリンク

良かったらこちらを

コメント


  1. Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524
    cristinboniello.weebly.com より:

    Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

    I am regular reader, how are you everybody? This article posted at this site is
    really good.


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524