Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

インフレやデフレの意味と原因、スタグフレーションと先進国がデフレになる理由


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

インフレやデフレと景気の関係


(出典「イラストAC」)

景気の気は、気分の気と言われますし、

景気の良し悪しは、お金の流れの良し悪しとも言われますが、

インフレやデフレは、必ずしも景気の良し悪しと直結しているものではなく、

その時々の状況に応じて現れる、全体的な物価の現象になります。

バブル時の日本のように、好景気になれば、

全体の物価が上がり、インフレになることもありますし、

オイルショックの時のように、石油の値段が急激に上がってもインフレになりますし、

戦争などが起こり、生産力が低下すれば、

物が不足しますので、インフレになります。

またデフレの場合はモノの値段が安くなるので、モノを買いやすくなる反面、

安値競争が起こりやすく、そのため収入も減ってしまう傾向があり、

それが買い物を控えようという空気を生み、

いわゆる「デフレスパイラル」という現象を引き起こしやすくなります。

また景気が悪くなれば、買い物を控えようと思う人が増えますし、

こういう状態の時には、モノが安くないと売れませんので、

全体的に物価は下がる傾向になりますので、

景気の悪い時には、通常はデフレになります。

スポンサードリンク

スタグフレーションが起こる理由

スタグフレーションという言葉を聞いたことのある方もいらっしゃると思います。

スタグフレーションというのは、

景気が悪くなっている時に、全体の物価が上昇する(インフレが起こる)時の名称で、

最悪の景気状態とも言われます。

先ほど書きましたが、景気が悪くなると通常はデフレになります。

なのに逆にインフレが起こる時が、スタグフレーションです。

なぜ、こういうことが起こるかと言えば、

「景気が悪くなっている時」に、何らかの理由で「生活必需品が不足して」値上がりした時です。

例えば大きな災害が起こって、広い範囲で農作物が作れなくなってしまえば、農作物の値段は上がってしまいます。

また先ほども書いたように、石油の値段は物価に直結しているので、

石油の値段が上がっても全体の物価が上がってしまいます。

実際にオイルショックの時には、スタグフレーションが起こったとされています。

普段は使う必要が無いモノであれば、

高くなったとしても、買わなければ済む話なのですが、

食べ物や石油(ひいては電気)はそれが無ければ生きていけないような生活必需品になります。

景気が悪ければ物価も安くなっていき、

給料は上がらない、むしろ下がる可能性や退職の可能性さえあるのに、

生活必需品が高くなってしまい、生活を直撃することになることが、

スタグフレーションが最悪の景気状態だと言われる理由です。

また日本でいえば、食糧自給率も40%ほどで、残りは海外に依存していますし、

先ほど書いたように石油も海外に依存していますので、

「景気が悪くなっている時」に、為替相場が「急激に円安に」振れるような事態になると、

そうした輸入品が全体的に高くなってしまい、スタグフレーションが起こってしまうでしょう。

また戦争が起こってしまえば、その国では多くのものが破壊されますし、

兵隊として必要な人数を確保するために、モノを生産するための人手が不足してしまえば、

全体的に生産量が落ちてしまうので、確実にインフレにはなりますが、

それがスタグフレーションのキッカケになってしまうこともあるでしょう。

ただそれは戦争が起こっている当事国のことで、

戦争とは関係ない国であれば、戦争のために経済が良くなることもあり、

日本では朝鮮戦争の時に、朝鮮戦争特需ということを経験しています。

個人的には、他人の不幸で好景気になることは、疑問を感じる部分もあります。

特に同じようなうまい汁を、再び吸いたくなることは、

人としてあってはならないことだと思います。

本来であれば、良いアイデアを考え、良いモノを作り、

良いサービスを提供することが、景気が良くなる動力になると思いますので、

そうした部分に力を注ぐべきだとは思いますし、

モノが豊かになってきた現在では、

余暇を楽しんでもらうことで消費が上向く部分はあると思いますので、

適度に休んでもらい、余暇を楽しんでもらうことも必要になってくるとは思いますし、

別の視点を育むことも必要になると思います。

先進国がデフレになる理由


(出典「photoAC」)

最近(2017年4月24日現在)では物価も少しずつ上がり始めている印象で、

就職活動でも、就職先を探す人に有利な売り手市場だとも言われています。

為替相場の記事にも書きましたが、

円高になれば、海外のモノを買いやすくなり、

円安になれば、日本の物を売りやすくなります。

ですので金融政策で為替相場を円安になっていることも、大きな要因だと思いますが、

それまでの日本はデフレと言われていましたし、

そこにはグローバル化も少なからず関係していると思います。

経済が発展して、円高になった日本は、

企業が生産拠点を海外に移すようになっていますし、

それは日本国内だけで見れば、産業の空洞化と言われますが、

世界規模で見れば、産業の分業化が進んでいることなのだと思います。

海外にはまだ経済がそれほど発展していない国も多いので、

そうした国は物価も安く、

人件費などの費用も国内で生産する時に比べると、安く済むという現実もありますので、

日本のように経済が発展してくれば、こうしたことは仕方ない面がありますし、

消費者は安い商品を求める傾向が強いことは確かなので、

企業も安いモノづくりを考えなければなりません。

ただこうなると国内では工場が稼働しにくくなり、

人が働く場所、つまり雇用は少なくなります。

また企業はグローバル化の影響で、世界の大企業との競争を余儀(よぎ)なくされていて、

そうした世界の大企業と戦うために、利益を上げようと

派遣社員などの非正規雇用を増やしていますので、

多くの人が先行きに不安を感じていることもデフレの要因になっているとも思います。

スポンサードリンク

先進国のぶつかる壁と進むべき道


(出典「photoAC」)

ただこうした状況は、経済が発展すると、どこかでぶつかる問題だとも思います。

為替相場でいえば、経済が発展すると、その国の通貨は高くなりますし、

そうすると国産品が海外に売りにくくなり、観光業も落ち込み気味になります。

反対に通貨が安くなれば、逆のことが起こり経済的に良いことは、どの国でも共通です。

ですので通貨を安くすることは、経済を良くする一つの方法にはなりますが、

通貨高での経済の戦略を、まだ描けていないという面もあるのかもしれません。

ただこうした状況を打開するには、

経済が発展していた高度経済成長をしていた時代とは違いますので、

それまでとは、やり方を改める必要があると思いますし、

現在の日本は、付加価値の高い商品やサービスを考え出すことが求められているとも思います。

そのためには高い製品でも買いたいと思われるだけの、

優れた製品やサービスを生み出すことが必要になると思いますし、

また国内で高い競争を維持する必要があるとも思います。

それはモノを作れば売れていた時代は、曲がり角を迎えたことを意味していると思いますし、

現在でも、アイデア勝負になっている傾向は強くなっているとも思います。

また良質なアイデアを出すためには、

適度な休養を取り、余暇を楽しみながらも、

売ることだけでなく、消費者目線に立つことが求められてくるようには思います。

私自身もそうなのですが、仕事の現場でも通常の人間関係でも、

どうしても自分の立場に捉われてしまい視野が狭くなることがあります。

それはどなたにもあることなのかもしれませんが、

反対の立場になって考えることは、どなたにとっても仕事の現場で有効なことなのかもしれません。

また消費者目線で言えば、

訪れてくれる海外の方や、買ってくれる海外の方の目線になって、

新たな製品やサービスを考えることは、現在でも求められているとも思いますし、

経済がグローバス化した現在では、世界を見据える必要が出てくると思いますので、

そうした傾向はこれから強くなっていくのかもしれません。

そのためにはこれからの日本人は、語学だけでなく、

文化や宗教を含めて、より海外に目を向けることが求められてくるようにも思います。

それは日本人にとって、自らの殻を打ち破る、

精神的なグローバル時代の幕開けなのかもしれません。

スポンサードリンク

良かったらこちらを


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/motofumi0523/economy-keizai.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524